Loaging...

ドル・円換算アプリの作り方

講義のポイント

  • 変数(小数・真偽値)の概念を理解する
  • キーボードによるテキスト入力の手法を理解する
  • 小数の計算手法や扱い方について理解する
  • デバッグの概念を理解する

はじめに

前回の「カウンター」では変数の基礎や条件分岐を扱ってきました。第3講では少し内容を発展させて、小数の扱い方、小数同士の計算について議論していきます。さらに、キーボードによるテキスト入力等も扱います。 第3講の課題アプリは「ドル円換算機」となります。ある金額(ドル、または円)を入力すると、指定した変換レートに応じてもう一方の通貨に変換されるものです。 それでは、早速開発を始めて行きましょう!

講座お申込

全てのコンテンツを閲覧するためには講座のお申込が必要です。