Loaging...

クイズアプリの作り方

講義のポイント

  • CSVファイルを用いたデータベースとその読み込み
  • 可変配列(Mutable Array)の利用
  • 乱数の生成と利用
  • 複数の画面を持つアプリの制作とStoryboard Segueによる画面遷移

はじめに

手拍子アプリでは、Swiftの基本概念となるクラスやインスタンス、メソッド等を学びました。また、配列やループなど、プログラミングにおける基本的なテクニックのいくつかも学習しました。さらに、アプリ上から音を再生する手法も学んだかと思います。 第5講の課題アプリは「クイズ」となります。このアプリは始めて複数の画面を持つアプリとなります。スタート画面から始まり、ボタン操作によってクイズが開始されます。ユーザーは10問の一般常識問題(2択方式)に挑戦し、全問題を解き終わると、成績に応じて「一般常識レベル」が表示されます。 それでは、早速開発を始めて行きましょう!

講座お申込

全てのコンテンツを閲覧するためには講座のお申込が必要です。