Loaging...

スタンプカメラアプリの作り方

スタンプカメラアプリの概要

iPhoneアプリのなかでも特に人気が高いのはカメラ機能を使ったアプリです。FacebookやLINEなどのSNSでは、写真を使ったコミュニケーションが一般化しています。また多くの写真フィルタを搭載した画像共有SNS・インスタグラムはApp Storeに登場してから、瞬く間に世界を席巻しました。今後も様々な写真を使ったコミュニケーションが、iPhoneを使って行われていくでしょう。 この章ではカメラアプリのなかでも人気の高いスタンプカメラを制作します。スタンプカメラは、アプリ内で保有しているスタンプ画像を写真の上で好きなところに配置し、合成画像が作れるアプリです。 このアプリでは以下の機能を実装します。
  • iPhoneやiPadのカメラで撮影した写真、もしくは端末内の写真をアプリ内に取り込む機能
  • コレクションビューを使った、スタンプ一覧の表示。
  • 選択したスタンプ画像を写真上の好きな位置に、一本指でドラッグアンドドロップできる機能
このスタンプカメラは、これまでの章のアプリと比べて難易度はやや高めになります。独自クラスの作り方、プロトコルの指定、デリゲートメソッドの使用などを行います。もし分からない箇所があれば、これまでの章を復習してみてください。 なお、写真を撮影する機能は実機のiPhoneがないとシミュレーションすることは出来ませんが、スタンプカメラならカメラロールに保存されている写真でシミュレートをすることが出来ます。 このスタンプカメラの開発をマスターすれば、スタンプ画像を好みのスタンプに入れ替えることで、オリジナルのカメラアプリを作ることができます。ぜひ、トライしてみてくださいね。 完成イメージ

講座お申込

全てのコンテンツを閲覧するためには講座のお申込が必要です。